高い技術力が肝心|整体師の資格を早く取得したい人におすすめ

男女

医師をサポートする専門職

制服姿の女性

ドクターの負担を軽減

一定規模の会社や営業所などには、必ず事務を担当する職員がいます。それは医療機関などの専門性の高い場所においても同じです。医師や看護師が医療機関の主役であるとすると、事務職はその主役が存分に技量を発揮するためのサポート役であると言えます。医療機関における事務の仕事には大きく分けて2つのタイプがあります。1つは医療事務で、受付や会計、書類の整理など病院やクリニックを運営するために必要な周辺業務全般がこれに含まれます。そしてもう1つが医師事務です。これは診断書を作成したり症例記録をまとめたりといった、医師自らが行う事務仕事です。近年、この医師事務に係るサポート役として、医師事務作業補助者という職種を設ける医療機関が増加しています。医師事務作業補助者は、事務仕事に関する医師の負担を減らす目的で設置されます。

医学等の専門知識が必要

医師事務作業補助者の主な仕事としては、診断書や紹介状の作成、電子カルテの入力、官公署への報告書のデータ整理などが挙げられます。これらはいずれも従来は医師自らが行っていたものですが、医師事務作業補助者が代行することでその負担を軽減し、本来業務である診察や治療のための時間を確保することができるようになります。医師事務作業補助者に対するニーズは年々増加しています。ただし医学や薬学に関する専門的な知識が必要なため、誰でも簡単になれるというものではありません。そこで、最近では専門学校等に設けられた医師事務作業補助者養成のための講座を受講してから就職を目指す人が増えています。修了後には独自の認定資格を取得できる講座もあります。